草木屋

草木屋は花と緑の生産農場です。みなさまのガーデンライフをサポートします。

HOME
フジバカマ
フジバカマ
10 11 12
生育状態
休 眠 生 育 開 花 休 眠
施肥
施肥 施肥
剪定
剪定 剪定
日照
日当から半日陰 土の乾湿 適湿 耐暑性 耐寒性 −10℃
特徴
秋の七草のひとつ。むかしは数多く自生していたようですが現在では少なくなったようです。株はとても丈夫でよく育ちます。冬の休眠期に地上部は枯れ、春に新しい芽を出します。花色は桃紫、白で斑入り種もあります。ユーパトリウムの名で流通しているものは外国産の同属種が多いようです。
栽培ポイント
水や肥料をきらすと花つきが悪くなるので注意。
水を好むが停滞水を嫌うので水はけの良い土に植える。

病害虫
害虫=アブラムシ、ハダニ
季節、日常の手入れ
青花フジバカマ以外は背が高くなりますので、あまり大きくしたくない場合は6月ごろ一度株元から15cmくらいに刈り込むと低めで開花します。冬は地上部が枯れてしまうので、花後に根元から切り取ってください。
科名
キク科
分類
宿根草
原産地
日本.中国
別名
ランソウ.コウスイラン
草丈
100〜150cm
主な用途
ボーダー.庭植え.切り花.鉢花.ドライフラワー
置き場所
日当から明るい半日陰でよく育ちます。風通しの良い場所を好みます。
水やり
水切れすると花つきが悪くなりますので、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。夏から開花期にかけてハダニが発生しやすいので、葉にも水をかけて葉の乾燥を防ぎハダニの発生を抑えましょう。
肥料
3月と10月に緩行性肥料をあたえます。あまり肥料分が多いと大きく茂りすぎるので注意してください。
用土
あまり肥沃でない水はけの良い用土を好みます。
植え替え
3月または10月頃が適しています。根が回って鉢がいっぱいになったら一回り大きな鉢に植え替えます。地植えの定植もこの時期が良いでしょう。
増やし方
株分け、さし木で増やすことができます。さし木もよく発根します。5〜6月が適期です。
生産一覧
草木屋について
生産植物の育て方
ネットショップ
10park
Green Farmer's Market
出荷情報
岐阜花き流通センター
Copyright (C)2003 Kusakiya Created by KEIKO.Y